とある実験のーと

研究とか 写真とか 珈琲とか 山登りとか

日本のレストラン等でのカード支払いで思うこと

 現金主義というわけではないのですが、あんまりカードの引き落とし日に一喜一憂したくないので、カード至上主義でもありません。ただ高額な買い物の時に大金を下ろすのはこのご時世スマートじゃないし、なんか大金持ち歩くと無駄にドキドキするし、こういうときにカードは大活躍です。今回はちょっとした買い物時にカードを使用した際心がザワザワしたので書きます。

 昨日レストランでちょっと良い食事をしました。手持ちの現金で支払ったら帰り道で下ろさないと次の日困るくらいしか入って無くてデビットカードで支払うことにしました。

 お会計を頼むと伝票を持ってきました。私はカードを出しますが、店員は当然の様にそれを受け取って店の奥に引っ込んでいきました。そして、暫く経ってからIpadを持ってきて「ココにサインして下さい」と白い画面を差し出しました。

 これらの作業を見て私はちょっと困惑しました。そのとき気付いたのですが、私は日本のレストランでカードを使用したことが殆ど無かったのです・・・。幾つかの欧米の経験をしていますが、向こうはカード社会なので毎日カードで支払います。現金を出すと寧ろ困惑されます。その際必ず使用されるのが、PINコードを打つタイプのポータブルの支払機です。これ以外を見たこと無いくらい必ず登場します。

 向こうの店員はテーブルにこの機械を持ってきて客に渡し、客が自分でカードを挿入して、画面の金額を確認し、PINコードと決済ボタンを押します。つまり、カードと客の間に店員が介在しないのです。最初は馴れないとどこをどう操作するのか困惑しますが、馴れてくるとスキミングや金額の変更など不正される余地が殆どない最高なシステムです。 

 さて、日本のシステムに戻ると、、まず初対面で全く信頼関係はない店員にカードを預けなければなりません。そして、見えないところで決済作業が行われます。最後に、金額の確認ができない状況サインを求められます。最後にレシートとカードを持ってきて金額を確認しホッとします。
(最後の点はこの店の使用しているシステムに問題があるのですが、そもそもサインにどれ程の不正利用抑止力があるのでしょうか。カードの裏に使うサイン書いてるんですよ? )

 恐らく、これらのシステムは日本の古くからの慣習が残っているのも原因だと思います。例えば、連れの見えないところで支払いを済ますのがスマート、サインで支払うのがスマート、給仕がなんでもお世話するのがおもてなし・・・。ただ、私でさえこう思うので、海外からの旅行者は一連の動作が不安でたまらないでしょう。

 一刻も早く、手元決済のシステムが普及するのを願ってやみません。そしてサイン決済とPINコード決済は選択制にすべきだと思っています。日本は治安が良いからとか言うレベルでは無くて、そういう不安にさせる要素は排除していかなければ、いつまでも日本人はクレイジー(悪い意味)だと言われ続けます。

 

 最後にちょっと話が脱線しますが、最近は各銀行がデビットカードの発行に力を入れていて、こちらが相当使いやすくなってきました。VISAやJCBが発行するデビットカードは、クレジットカードが可能な店舗ではほぼ完全に利用可能です。私はクレジットカードよりデビットカードが好きです。

 ポイントが溜まらないという欠点はありますが、即時引き落とされるため、幾ら使ったか、あと残高が幾らくらいかというのが自分の中に記憶できます。これは財布の紐が緩むのを抑制するのに有効です。

 あと近年ATMの利用コストが上昇気味です。サービスを受けるための査定条件がどんどん厳しくなっています。自分のお金を預けているのにそれを引き出すのに100円, 200円支払うのって正直馬鹿げてます。デビットカードは基本手数料無料なので、ATMを探したり、ATMの無料時間帯、引き出し回数を気にしたりすることから一気に解法されます。

 さらに、不正使用されたとしても直ぐ気付くことができますし、万が一の被害額もクレジットカードに比べたら安心できます。カードを使用したらメールが即時届きますし、引き落とし対象口座に入ってる分しか使えないので。笑

 月に数十万、数百万単位で使う人ならクレジットカードの方がお得になる場面が多いでしょうが、私みたいな下層階級庶民はデビットカードで便利さを享受しつつ倹約するのが最善策かと思っています。ヨーロッパの人たちはクレジットカードよりデビットカードを日常生活に使用している人が多かった印象でした。

 

最後にこんなことつらつら書きましたが、私は別にどこぞの回し者でもありません。

登山用の時計を物色中

自分メモ

時々体力維持の為に登山に行くが、やはり登山用の時計が欲しくなる。

個人的にはSUUNTOのデザインが好きなので、このメーカで決めたいのだが、如何せん現在ラインナップが混沌としており決めるのが難しい。

欲しい機能としては

  • GPSラッキング
  • 各種環境センサ
  • 普段使いもしたいので正確な時計
  • 頑丈さ

SUUNTO電波時計はないのですが、GPSからある程度時刻補正してくれるようなので、問題なし。

第一候補は現在のところ機能面からも価格面からもAmbit 3 peakであるが、ちょっとベルト部分にGPSアンテナが飛び出てる分デザインが微妙なことと、2014年発表ということで大きく型落ち感が否めない。もう正規ラインナップから外れてるし・・・。

www.amazon.co.jp

かといってTraverseシリーズは価格がAmbit 3と比較して一万円高いが機能はむしろバッテリー持ちの面ですこし劣る。ただ、ベルトが交換できるのはいい。

TraverseだったらUS Amazonからの輸入も選択肢の一つですね。保証は捨てることになりますが、頑丈だということを信じることができれば、同じ価格でTraverse Alphaが手に入る。嘘でした。Traverse alphaは日本の正規代理店を通した価格と恐らくどっこいどっこいです。これが一番かっこいい・・・。輸入って敷居が高い気がしますが、実は結構簡単でUS Amazonだけは何回も使用しています。

www.amazon.com

この選択肢はなかなか悩ましいです。お金を貯めます。

 

 

 

 

 

 

 

エスプレッソコーヒーメーカー用のタンパー出力

最近、デロンギエスプレッソメーカ ECO810を導入して一気にコーヒーライフが広がったのですが、此奴、タンパー(粉を押し固める道具)が最初から付属していません。

折角なので、3Dプリンタで出力して、使用しています。全然高級感はありませんが、使用感は良好です。デロンギのタンパーサイズは51 mmが適しているようです。

ついでに48-58 mm のタンパーサイズを1 mm毎に揃え、Thingiverseにアップしましたので良かったら使って下さい。

www.thingiverse.com

ArduinoとRaspberry Piの保護カバー

ArduinoRaspberry Piで遊ぶ?時に机に基盤を直置きしていたので、基盤の下だけ保護するカバーを作りました。今のところ導線を付けたり外したりすることが多いので天板は作ってませんが、おいおい作ろうかなと思ってます。

 

www.thingiverse.com

www.thingiverse.com

trinusでABS出力(その2)-電源とファンの調整

前回、ABSで出力したときのノズルの詰まりに関して書きました。

 

azospiran.hatenablog.jp
復旧後、ABSでの出力出来るように条件などを追い込んだので追記します。

1. 電源の換装

12V-10Aの付属ACアダプタでは、ヒートベッドとホットエンドを両方使用する際に電力不足からくると思われる温度の揺らぎや、立ち上がり時間の長さがイライラを増大させました。後々純正の12V-12AのACアダプタが発売されたようだが、必要不可欠な部品をオプションとして後から買わせるkodama商法にこれ以上付き合いたくないお金の節約のため、電源をPC電源由来のものに換装しました。

  • 従来のACアダプタの、Trinusに繋がるコネクタの方の線を潔く切断し、電圧と電流の向きを確認。プラスが赤線、マイナスが白線。
  • 余っていた容量大きめのPC電源から12V, 5V, 3.3Vの電源が取れるようにした。
    今回使用したPC電源は最大350W, 12V-18A, 5V-18Aまで取れるやつ。どうもtrinusは11Aぐらい使用するみたいなので、これで十分かと。以下のようないくつかのサイトを参考にしたので、詳細は省略。

    検索結果

検索結PC電源の改造 - FC2

この作業をするまで全く関心がなかったのですが、PC電源って実は非常にお手軽?で高性能な安定化電源なんですね。安定化電源って普通に買ったらこんな何種類も電源取れないですし。PCが火を噴くと大変なので、品質管理もしっかりしているでしょうし。無論、前の発熱するACアダプタを使い続けるよりも気持ち的に安心度が高いです。今のところ余裕をもって稼働しております。まぁ言わずもがな自己責任です。

切れっ端の透明塩ビ板にちょっと穴を空けてそれぞれの電圧に端子を付けてみました(黄色いカバーの出来がいまいちなのはご愛敬)。

f:id:azospiran:20170528102209j:plain

2. ノズル温度の変動

電源を変えたところ、昇温時間が改善されて恩恵を感じることができました。一方でノズル温度の変動は抑えられませんでした。どうも電源の問題だけではなさそうです。そこでノズル冷却ファンをABSで出力する際はOFFにしてみることにしました。私はPangoをつかっているので、その設定ですと
Preference→Expert settings→Action→Fanの"Enable nozzle fan"チェックを外します。

結果、240±1℃でちゃんと制御してくれました(歓喜)!

 

 3. 反り。

PLAでの出力の要領で、何も考えずABSでもヒートベッドにドラフティングテープを貼って、その上に出力していました。ただヒートベッドを過熱すると、テープ糊の粘着性が弱まってテープが剥がれ、反ることが分かりました。これに関しては素直にドラフティングテープの使用を止めて、buildtakに直出力することで解決しました。

f:id:azospiran:20170528102154j:plain

写真は今回の自作電源の埃よけカバーをABS出力した結果です。真ん中付近に切れ目がありますが、写真でいう上半分がドラフティングテープ有りで出力したもの、下半分がBuildtakに直接出力したものです(幅が大きくて一回では出力できなかった)。0.2 mmで出力しているので積層痕はありますがまぁまぁ実用に耐えうる出力結果です。実はbuildtakに直出力しているのでも若干四隅が反ってます。これはヒートベッドごと反っているみたいなので、鉄板かガラス板で補強してあげないと改善しないかも。

今回は綺麗さを求めて出力してないのであまりこだわりませんが課題としては、積層時間が短い部分(写真でいう、つなぎ目の出っ張ってるところ)は自然冷却が追いつかずにエッジが汚くなりました。ノズル冷却を切っているせいだと思います。冷却ファン、やっぱりOFFにするのではなく、強さを最適化しないといけないかなぁ。

ひとまず、ABS出力も使えるようになってきました。 

 

今のところの出力条件
ABS (eSUN)
Hot end: 240℃
Heat bed: 90℃
積層: 0.2 mm, 50 mm/sec
ノズル冷却ファン: OFF

後日、皆様を真似してヒートベッドにガラスを使用してみたところ、これが結構いけることがわかったのでまた時間があるときに報告します。

(備忘録)ラズパイに使用したことで正常な容量を認識しなくなったSDカードのフォーマット(mac)

ラズパイで書き込み途中でSDカードが抜けてしまい、その後正常に起動しなくなった泣。再インストールをかけるためにSDカードでフォーマットを試みるも、このフォーマットに手こずったので覚え書きとして残しておく。

MacでのディスクユーティリティでFAT形式のフォーマットを試みるも、エラーで弾かれた。なんとかMac OS拡張フォーマットでフォーマットするも容量が63MB前後と表示された。使用しているSDカードは16GBである。 Windows機でFAT形式のフォーマットを試みるもフォーマット後の容量は以前63MBのまま。

どうもラズパイで使用していた領域が上手く読み込めなくなっているらしい。 Macに帰り、コマンドプロントを起動、diskutil list コマンドでSDカードの状態を確認。

diskutil list

以下のような文章が出てくる。私の環境ではdisk5がsdカードに該当している。

/dev/disk5 (internal, physical):

   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER

   0:     FDisk_partition_scheme                        *16.1 GB    disk5

   1:                 DOS_FAT_16 NO NAME                 62.9 MB    disk5s1

   2:                      Linux                         16.0 GB    disk5s2

 

SDカード自体は故障していないようだ。このLinuxに割り当てられているパーテーションを読み込めなくなったらしい。どこかのブログにこれらの情報をクリアする方法が乗っていたので、試してみた。(大変申し訳ないが、URLがわからなくなった)

まずSDカードのマウントを解除する。

sudo  diskutil umountDisk /dev/disk5

次に、SDカードに空データを書き込む。このコマンドはターゲット(of=)を間違えたらPC自体が死ぬので要注意。disk5の部分はそれぞれの状況で違う。

sudo dd if=/dev/zero of=/dev/disk5

これがとても時間がかかりそうだった。ctl+T で今の状況が確認出来るらしい。途方もないかんじだったので、5分くらいしたらctl+C でコマンドを中断した。

ディスクユーティリティでSDカードの状況を確認してみると、未フォーマット領域として認識されている。

FAT形式でフォーマットを試みるも"名前が無効”というエラーで再び弾かれた。

仕方ないので、MacOS拡張フォーマットでまずフォーマットした→成功。

FAT形式でフォーマット→失敗

 

やけくそでWindows機にSDカードを刺し、こちらでFAT形式でフォーマット→成功。要領も16GBに回復。

 

なぜMacのFATフォーマットが弾かれるか謎だったが、その後ラズパイの再インストールも成功しているので、ひとまず大丈夫そうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

trinus、ABSでの詰まりから復旧・・・。

私のTrinusは巷で噂の電源問題が解決できておらず、ヒートベットを使うABSでの出力を躊躇していました。重い腰をあげて、おっかなびっくり15 minぐらいで出力が完了するような小さな部品を作ってみました。やはりノズル温度を240℃に設定しても210℃-240℃の間で振れを見せており、電力不足の様相です。はぁ。

そんな中、3回目のABSでの出力で見事にフィラメントを詰まらせてしまいました。暖めて押しても抜いてもびくともせず、これがホットエンド分解という最初の洗礼かとがっかり。同じような状況になる人がいるかもしれないので記録しときます。

スイカさんのブログをふむふむと参考にして分解しました。
Fucker's Diary DUE » Blog Archive » ゼロから始める3D生活(その15)

 

 ↓ここまでは比較的苦労することなく分解できました。この後、ノズルを分離するのが大変でした。回しても回してもノズルが取れない・・・。ネジが馬鹿になったのかと疑いました。どうも固着したフィラメントがノズルが外れるのを妨げるようで、ネジ山+20回以上クリクリ回してやっと分離できました。フィラメントをねじ切る感覚でした。

f:id:azospiran:20170513141223j:plainf:id:azospiran:20170513141228j:plain

この段階では鉄のインサート?部分のPTFEチューブは傷ついておらず、ノズルから詰まったフィラメントを除去して、再度組み立てました。しかし、テストしてもフィラメントがチョビットづつしか出ません。。。ノズルがマジで逝かれたか。

再び分解した際には、無理に押しこんだフィラメントも相まって、PTFEチューブを破損しました(↓写真)
(PTFEチューブは写真にある鉄の棒の内部に仕込まれています。白い半透明のやつ)。

f:id:azospiran:20170513142200j:plain

しかたないので、インサート内に残存したPTFEチューブを掻き出しました。スイカさんの情報を頼りに内径2mm,外径3mmのPTFEチューブと、あとスペアノズルを発注することでこの日は終了しました。

それにしてもtrinusのスペアノズル、1個で送料込み3千円弱するなんて・・・。ちょっとこの業界の相場がわかりませんが、尼さんには沢山の互換ノズルが安価で出品されているので、流用できないかなぁとノズル寸法を測ってみました。写真の方向があべこべですみません。

f:id:azospiran:20170513142640j:plainf:id:azospiran:20170513142651j:plainf:id:azospiran:20170513142702j:plainf:id:azospiran:20170513143509j:plain

・・・・・・さてこの規格はなんでしょう?以下のサイトにはM6のノズル使ってるよーとか書いてるけどM8に近いのでは。互換品は怖くて手が出せず検討するのを止めました。

all3dp.com

後日、PTFEチューブが届きました。詰まったノズルは、念じながら先端を#2000位のヤスリで磨いてぴかぴかにした後、もう一度トライしてみることにしました。PTFEチューブは噂どおり、すんなりは入りません。写真でいう左側から、内部を3.0 mmの金属用ドリルで面取りして挿入しました。上のブログに詳しく解説されております。

f:id:azospiran:20170513144107j:plain

ここで、新しいPTFEチューブをほんのちょっとだけ、金属部分から飛び出させてみました。以前の状態は一番上の写真に載ってます。何ミリ飛び出したか分かりません適当です。理由として、以前からフィラメントを抜くとき何かに引っかかってる感覚があり、いざ分解してみると、金属インサートとノズルの間以外、引っかかる要素がみられなかったからです。この飛び出しがあっても一応ノズルはきっちり締まりました。

ABSでテストの結果、詰まってたノズルはなぜか?復活しました!新しいノズルも発注したのに(泣)!そして、PTFEチューブ改良のお陰か、フィラメントの抜き取りも大変スムーズに出来るようになりました。結果オーライです。

ただ、ABSでの出力は依然として安定しません。表面が一部ガサガサになるのはノズル温度が振れるからかなぁって考えてます。ACアダプタも出力中常時70-80℃近く熱を持ちますので目を離せません・・・アダプタ自体をヒートベッドに使えそうです。

近いうちに電源をどうにかします(ちなみに今のACアダプタは所謂旧式12V-10Aです)。